Monthly Archives: 3月 2014

何気ない時間に大切なことは潜んでいる

少し前の話になりますが、和楽久 君津を訪問したときのこと。

設計担当だったYさんと一緒でした。
Yさんにとって、君津は初めて設計した和楽久。

現場監理や検査などで、何度も足は運んでいたのですが、
運営事業者さんに引き渡したあとの訪問は初めて。

スタッフの方から、完成した建物についてのご意見を直接聞くことができた、良い機会になったようです。
相手は介護現場のプロ。設計担当には少し耳が痛い内容もあったようでしたが、Yさん、しっかりと聞いていました。

和楽久の設計プランは、オーナーさんと運営事業者さんの意向を伺いながら決めていきます。
ただ、建物が完成したときに「もう少しこうすれば良かった」ということもあります。

それをきちんと次の案件に活かし、より運営しやすい、より使いやすい空間づくりをしていくこと。
アタリマエのことですが、とても大切だと思います。

そんなチャンスに恵まれた君津訪問、有意義な時間でした。

君津設計担当Yさん、真剣の図。