Category Archives: 広報徒然

湘南の光と風を感じるサ高住「ウェルライフヴィラ寒川一之宮」竣工

茅ヶ崎にほど近い湘南エリアの寒川に、弊社設計のサービス付き高齢者住宅
「ウェルライフヴィラ寒川一之宮」が竣工・オープンいたしました。
wlvsam18

準耐火木造2階建て、モノトーンに木の素材感をプラスしたモダンな外観、
全42室の広々とした開放的な空間設計が特徴の建物となっています。
wlvsam3

wlvsam1

正面フロントを入ると、中庭の見える大きな窓。
廊下の窓をワイドにとり、外光を建物内にふんだんに採りこみ開放感を感じさせる設計となっています。
wlvsam7

wlvsam9

140㎡のリビング食堂も南の角にたっぷり窓をとり、光あふれる空間に。
天井に木のぬくもりを感じさせる梁を使い、シンプルな落ち着きあるデザインにしています。
wlvsam16

居室は18㎡タイプで、共用浴室を1階・2階それぞれに設置。
居宅介護支援事業所と訪問介護事業所を併設しており、安心の介護を提供できます。
wlvsam8
wlvsam13

「モットーは、この地域で信頼され、愛される施設です」と語る
ウェルライフヴィラ寒川一之宮を運営管理する㈱ふじケアサービス代表取締役・志賀昇氏。
wlvsam17
「江の島の水族館や動物園に行ったり、お花見をしたり。
レクリエーションをどんどん取り入れて
楽しいシニアライフを送っていただきたいと思っています。」

湘南のゆったりとした自然に囲まれ、気ままなシニアライフが楽しめそうです。

所在地:神奈川県高座郡寒川町一之宮2丁目25-17
構造規模:準耐火木造2階建 42室
延床面積:1,501.59㎡
用途:サービス付き高齢者向け住宅
工事種別:新築
業務内容:設計監理
竣工:2015年7月30日

ウェルライフヴィラ寒川一之宮ホームページ

lion_02

拡大するサ高住市場。バリエーション豊かに

サ高住市場の拡大にともない、さまざまな個性あふれるサ高住が出現してきました。

この1年で弊社が手がけてきたサ高住のなかにもユニークな取り組みをしているサ高住があります。

今年の4月にオープンした「らいおんハート温泉ヴィレッジ行徳」。

医療法人社団緑友会らいおんハートクリニック様の案件で、
弊社でサ高住の企画、設計監理および開業コンサルティングを行いました。

内科・整形外科・リハビリ科を有するらいおんハートクリニック様が提携医療機関になっており
充実した医療・介護・リハビリを受けることが可能です。

また、名前に「温泉」と名が付いているように
ヒノキ浴槽で天然温泉入浴(日立市の源泉)ができ、介護度に合わせた入浴設備を整えています。

「リハビリ温泉」のユニークなサービス提供が利用者の人気を集めています。

■所在地:千葉県市川市
■種別:サービス付き高齢者向け住宅
■構造規模:準耐火木造2階建/26戸
■延床面積:999.09㎡
■工事種別:新築
■開業:2015年4月
■業務内容:企画開発/設計監理/ 開業コンサルティング

らいおんハート温泉ヴィレッジ行徳

kotesashi_09

地域に溶け込む住まいへ~社会福祉法人のサ高住

サ高住市場が拡大するにつれ、そのバリエーションが多様化しています。
和楽久プロジェクトでも、和楽久にとどまらないサ高住のプランが増えています。

例えば、昨年9月にオープンしたレジデンシャル小手指SAKURA。
長年保育や介護などの福祉事業に携わってきた
「社会福祉法人桑の実会」様によるはじめてのサービス付き高齢者向け住宅でした。

建物の空間作りや動線にポリシーやこだわりをお持ちの事業者様でしたので
設計ではそのご要望を反映させ、
より使いやすく過ごしやすい空間づくりへのアイデアを出しながら、
桑の実会様と一緒にプロジェクトを進めていきました。

住戸数は全58室。 階数ごとに住戸のタイプのバリエーションが異なり 、自立の方から要介護の方まで、
その方に合わせた住戸タイプをお選びいただけるようになっています。





フロアごとの食堂も、介護度に合わせた設えにしています。

1階には広々として明るい50畳の地域交流室。
入居者様同士の交流はもちろん、地域の方を含め様々なイベントの場として活用します。




敷地内には「レジデンシャル小手指Sakura」の名前の由来にもなった、立派な桜の木が。
長年、この土地に立っていた桜の古木をそのまま活かし、この住宅施設のシンボルとしました。


地域の人々とともに、この地に根をはり、安心・快適に過ごしていただく。
介護が必要な人も、自立して生活できる方も、スタッフ、地域の方々とともに支えあって暮らしていく。
そんな願いがかたちになった、住まいになりました。

【レジデンシャル小手指Sakura】
所在地 :埼玉県所沢市小手指町4-18-1
構造規模:RC造4階建/全58室
延床面積: 3,132.44㎡
工事種別:新築
竣工:2014年9月
業務内容:設計監理

hananoi-5

和楽久と学研ココファンの相乗効果で自分らしい暮らし

千葉県柏市花野井に2014年4月にオープンした学研ココファン運営の和楽久。
「地域で普通に暮らす高齢者が
住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる住まい」の学研ココファンと
「お互いが支えあい
いつまでも自分らしく暮らす住まい」の和楽久が一つになった
初めての案件です。

全22戸という和楽久の規模と建物仕様を活かし
介護者と入居者の距離が近い空間。
そこに、学研ココファンが培ってきた
安心の介護 と支援サービスをプラス。

介護が必要な方、認知症の方に向けたサービスを提供する一方
全室に浴室・ミニキッチンを設置し
介護が必要な方も自分らしい暮らしが可能な住まいとなっています。

和楽久と学研ココファンの相乗効果で
いつまでも自分らしく暮らすシニアライフが
ますます身近になったといえるでしょう。

サ高住+保育園で多世代交流エリアに。ローゼン上山


ローゼンホーム上山 1号館


ローゼンホーム上山 2号館

10月27日、千葉県船橋市上山町において、弊社SPAが設計を手がけた
サービス付き高齢者向け住宅「ローゼンホーム上山」1号館・2号館の
オープニングセレモニーがとり行われました。

この2棟は、地元のオーナー様が所有する敷地に
社会福祉法人千葉県福祉援護会様の運営協力を得て建設されたもので
9月に自立・要支援の方向けの1号館(26室)が竣工、
10月に要介護者の方向けの2号館が竣工し、グランドオープンとなったものです。

やはりオーナー様が所有される隣のブロックには
同じく千葉県福祉援護会様が以前より運営している
ローゼン保育園があり、今回の2棟の高齢者向け住宅の誕生で
その一帯は、多世代交流が生まれるエリアとなりました。


左手前がローゼン保育園、その向かいがローゼンホーム1号館、
保育園の向こう側にローゼンホーム2号館。

子どもたちとその家族、子どもたちを見守る人々、
そして地域のお年寄りが触れ合える場所を。
オーナー様のかねてからの構想が実現したかたちとなり
千葉県福祉援護会様も多世代交流を軸に運営する方針です。

もともと保育園はありましたが、サ高住をプラスすることで
多世代が交流する新しい人の流れを創り出すことに寄与することができ
こんなに嬉しいことはありません。

サービス付き高齢者向け住宅で
人の流れが変わる、町の流れが変わる。
そんな可能性を感じさせてくれたプロジェクトでした。(富)


【施設概要】
1号館[自立・要支援の方向け]:準耐火構造木造2階建/延べ床面積1,161㎡/26戸
2号館[要介護者の方向け]:準耐火構造木造2階建/延床面積1,322㎡/37戸
(保育園は弊社設計ではありません)

バリデーション療法

このたび、和楽久シニアレジデンス長津田が、
高経協のリビングオブザイヤーのファイナル7施設に選出されていますが
そこで、取り入れられ、運営理念の根幹ともなっているのがバリデーション療法です。

バリデーション療法は、もともとアメリカのソーシャル・ワーカー、ナオミ・フェイル氏が開発した
認知症の方々とのコミュニケーションを回復する方法です。

基本的に相手の言動を受容し、混乱した高齢者の認識を修正するのではなく
相手の世界に共感し理解することで、心を通わせていきます。

叫びや徘徊なども、その人自身の意味があるものとして受け入れ、
その方法として、「真心をこめたアイコンタクト(目と目を合わせること)を保つ」
「低い、優しい声で話す」「タッチング(触れる)」など
「受け入れて、共感する」ためのテクニックがあります。

私が、レジデンス長津田に訪れたときのことです。

リビングに大勢の入居者様が集まっておしゃべりを楽しんでいらっしゃいました。

そこに、皆と少し離れてポツンと座っている白髪の女性の方がおられました。

そこへ施設長の新間さんが通りがかりに、その方の脇にしゃがみこみ
「最近はどうですか?」と声をかけました。
肩に手を回し、話しかけています。

すると女性は、うんうんとうなずき、新間さんに微笑み返しました。

なおも、新間さんのほうが話しかけ続けていると

突然、その方の眼に涙があふれてきたのです。

新間さんは、その方の肩をやさしくたたきながら、うなずき続けていました。

私は、何を見たのでしょうか。

彼女がこらえていた何か。
かなしみ、孤独・・・。

心が解放された瞬間なのか。

心が通い合った瞬間なのか。

定かではありませんが、その方の心が動き、
何かが変わったような気がしました。

心なしか、和楽久シニアレジデンス長津田の
入居者様の表情は、皆いきいきしているように感じます。

それは、ここにいる方々が、その存在を、
深いところで認められているからなのではないか、と思いました。
(富)

いま、サ付き住宅が面白い?!

4月から6月にかけて、和楽久やその他の
サービス付き高齢者向け住宅のオープンラッシュを迎えています。
(弊社は、市場ニーズやお客様のご希望・方針に応じて
和楽久の標準仕様と異なるタイプのサービス付き高齢者向け住宅や
有料老人ホームのご提案も行っています)

サ付き住宅がどんどん市場に増えているので
コンセプトワークや、サービスなどの特徴を打ち出すことが
とても大切になっています。

最近、竣工取材で訪れた案件では
デイサービスのお風呂に特徴をもたせたものが印象的でした。

「ケアプロ21いせはら」の温泉仕様のお風呂。

生垣と植栽が見える窓が大きく、ゆったり温泉気分に浸れそう。
隣にはひのきのお風呂もありました。
しかもお湯口が温泉仕様!

そしてこちらは、「ご隠居長屋和楽久みさと早稲田」の畳敷きのお風呂。

裸足の足にやさしく、滑りにくい。
これもベリーグッドアイディア!
もちろんほんとうの畳ではありませんが、
畳の風合いがあって水に強い素材を使っています。

同じく和楽久みさと早稲田では、デイルームでもとっておきのアイテムが。
レッドコードリハビリ。

天井から吊り下げたロープを使った機能訓練です。
内覧会で体験をやっていたのですが、
みな気持ちよさそうに、そして楽しそうにやっていました。

いろいろな工夫を凝らし、バラエティに富んだ高齢者住宅が
これからも生まれそうな予感。
老後がますます楽しみになりました~
(富)

何気ない時間に大切なことは潜んでいる

少し前の話になりますが、和楽久 君津を訪問したときのこと。

設計担当だったYさんと一緒でした。
Yさんにとって、君津は初めて設計した和楽久。

現場監理や検査などで、何度も足は運んでいたのですが、
運営事業者さんに引き渡したあとの訪問は初めて。

スタッフの方から、完成した建物についてのご意見を直接聞くことができた、良い機会になったようです。
相手は介護現場のプロ。設計担当には少し耳が痛い内容もあったようでしたが、Yさん、しっかりと聞いていました。

和楽久の設計プランは、オーナーさんと運営事業者さんの意向を伺いながら決めていきます。
ただ、建物が完成したときに「もう少しこうすれば良かった」ということもあります。

それをきちんと次の案件に活かし、より運営しやすい、より使いやすい空間づくりをしていくこと。
アタリマエのことですが、とても大切だと思います。

そんなチャンスに恵まれた君津訪問、有意義な時間でした。

君津設計担当Yさん、真剣の図。

新社屋に引っ越しました

2月の2回目の雪が降った日、
会社の引っ越しがありました。

同じ西新宿7丁目ですが、
とてもきれいなオフィスビルに移転。

2階エレベーターを降り、エントランスを入ると、

オープンのご相談・打合せスペース。

商談・コンサルティングルーム。

セミナールームも広々、ゆとりの24名定員に。

お客様のご相談内容に応じ
ふさわしい環境でお迎えいたします。

そして、弊社のブレインが集まるオフィススペース。

こちらがコンサルティングのシスケア。

こちらが設計のSPA。

ソフトとハードが一体となって
スピーディなPDCAサイクルを創り出し
お客様のほんとうに望むものを提供してまいります。

末筆となりましたが、
お取引きのお客様から、たくさんのお花や
観葉植物をいただきました。
ほんとうにうれしく、感謝申し上げます。

皆さまのご期待にそえるよう
これからも力を尽くしてまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(社員一同)

和楽久君津に行ってきました

オープンした和楽久君津に行ってきました。
電車でも行けますが、東京駅から高速バスが便利と聞き
バスで行ってみました。
東京駅八重洲口バス停から和楽久君津が近い「君津市役所」まで
片道1時間、1400円。東京湾の上を走るアクアラインで快適な旅でした。

君津市役所からは歩いて5分くらい。
緑に囲まれた君津市役所は大きくて立派、
ホールや図書館もあり、文化的な雰囲気です。
途中、私の大好きなショッピングセンター「アピタ」の看板も見かけ
「お、便利そうなところではないか」。

閑静な住宅街を通り大雲寺の前を過ぎると
ありました、和楽久君津が。

白と茶のモダンな外観、
モスグリーンのタイルをあしらった玄関がとても素敵。



玄関を入ると間接照明が柔らかな光を投げかけるエントランスフロア。
運営管理を行う株式会社和心・施設長の山本さんが素敵な笑顔で出迎えてくれました。

木目調のフロアが明るい、広々としたデイルーム。
デイの浴室もライムグリーンの壁面がさわやかな印象です。

お部屋は全室個室、プライベートが守られた広々25㎡。
バス・トイレ洗面付きで、IHのミニキッチンも。
お部屋には緊急コールが付いており
万一のときにボタンを押せばスタッフがかけつけます。

「昔、会社で児童施設に寄付をしたことがあるんです。
そのとき、代表の子どもたちがお礼の手紙をもって
訪ねてきてくれたのです。とても感激しました」と山本さん。

「それ以来、私自身、福祉というものに興味をもっていました。
会社も、街のゴミ拾いや地域農業など
社会貢献事業に取り組んできました。
今回、和楽久君津で地域の方々のために働けることが
とても嬉しく、やりがいを感じています」

一つの行動が、何かを変え、社会を変える力を
生み出していくことを感じたお話でした。

「和の心をもって、和やかに楽しくいつまでも」

入居申し込みも順調に進んでいるとのこと。
和楽久君津から、和の心を広げていきます。 (富)


内覧会を随時開催。入居・見学のお問合せは、こちらまで。

株式会社和心 TEL.0439-29-6507

【所在地】
千葉県君津市台2-1-4  ※地図検索の際は「君津市台2-1」で検索ください