国土交通省平成21年度高齢者等居住安定化推進事業選定モデルサービス付き高齢者向け住宅 ご隠居長屋 和楽久

国土交通省平成21年度高齢者等居住安定化推進事業選定モデルサービス付き高齢者向け住宅 ご隠居長屋 和楽久 和楽久Q&A
トップページ > 和楽久Q&A

和楽久Q&A

自分持っている土地が高齢者施設に向いているかわからないのですが。
所有地の住所から簡単な調査を行い、どんな施設が適しているかを無料でアドバイスいたします。
地方の田舎で不動産価値があまり高くない土地でもできますか?
和楽久は地方に多く建設されています。一般的に条件が厳しい土地でも可能な土地活用法です。
親の持っている土地の相続税対策を考えていますが。
不動産は活用しなければ負債と同じです。活用をあきらめていた土地でも高齢者住宅なら可能かもしれません。
まずは調べてみないことには始まりません。お気軽にお問合せください。
不動産の税金対策として有効な方法を探しているのですがどうでしょうか?
サービス付き高齢者向け住宅は通常のアパートによる相続権、固定資産税対策の効果のほか、税制優遇措置として所得税・法人税の5年間割増償却40%や固定資産税の5年間税額2/3軽減、不動産取得税の軽減などがあります。
介護事業についてはまったくの素人なのですが、大丈夫ですか?
大丈夫です。私たちがサポートし介護事業者をご紹介いたします。



ご隠居長屋 和楽久とは
土地活用コンサルティング
和楽久会員メニュー
開設サポート
開業の流れ
補助金申請サポート


和楽久を語る

お問い合わせ先

和楽久入居希望の方へ